疑問解決!初めての大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査を受けてみましょう

TOP > 大腸の内視鏡調査について > 大腸内視鏡検査を受けてみましょう

大腸内視鏡検査を受けてみましょう

現代は仕事や近所付き合い、家庭などでもストレスを感じている人が多いですし、食事の時間が不規則だったり、お酒を飲む習慣のある人は、下痢や軟便、血便などの体の不調を感じている人が少なくありません。
過敏性腸症候群や大腸ポリープ、大腸がんなどの腸の病気に罹る人が増えているため、専門クリニックで大腸内視鏡検査を受けるのがお勧めです。
高性能で安全性の高い内視鏡を使って、精密検査ができるため、病気を早期発見できます。
以前に比べると日本の食生活が大きく変化しているため、大腸がんは増加傾向にありますが、比較的病気の進行が遅いため、早期に発見できると体に負担の少ない治療が受けられます。
検査の前日は夕食は5時ぐらいに済ませておき、当日はお茶を飲んだり、飲食をするのは避けて下さい。
着脱のしやすい衣類を選んでおくことが大事です。


大腸内視鏡検査を受ける前に、下剤を服用する必要があります。
専門クリニックに足を運ぶと下剤を処方されるため、服用をすると水状の便になり、腸内がきれいになります。
大腸内視鏡検査は肛門から専用の器具を挿入しますが、現代は痛みをほとんど感じず、体に負担の少ない方法で行っています。
医師はモニター画面を確認しながら、細部まで病変部分がないか確認をします。
検査の時間はどれぐらいなのか知りたい人が多いですが、15分から20分程度で終わります。
検査を受けた後は専用のベッドで休息ができるため、疲れた体を休めることが出来ます。
下痢や軟便が続いていたり、血便などが見られる場合は、早めに検査を受けることが大事です。
検査を受けた後に医師が丁寧に結果を説明してくれます。
地元で評判お高い専門クリニックを選ぶと、衛生的な環境で検査が受けられます。


大腸内視鏡の検査を受けた後は、激しい運動や自動車の運転などは控える必要があります。
検査を受けた当日は、念のために入浴は避けてシャワーだけに済ませておいたほうが良いでしょう。
気になる自覚症状が見られる時はもちろんですが、自覚症状がないうちから、定期的に検査を受けることで腸の病気を早期に発見ができます。
内科や消火器内科のクリニックを受診すると、大腸内視鏡検査が受けられます。
事前に予約を入れておくと希望の日時に検査が受けられるため、幅広い年代の人が通院をしています。
お腹の調子が優れないと感じている人は、早めに検査を受けることが大事です。
鮮明な画像で腸内を精密に確認できるなどのメリットがあります。
腸の調子が優れないとアレルギー疾患が悪化したり、肌荒れなどの原因になります。
信頼できる医療スタッフが在籍をしているので、体に負担が少ないのが特徴です。

次の記事へ