疑問解決!初めての大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査にあたり便はどうなるのか

TOP > 大腸の内視鏡調査について > 大腸内視鏡検査にあたり便はどうなるのか

大腸内視鏡検査にあたり便はどうなるのか

大腸内視鏡検査をするにあたり、初めての方はいろんな不安を抱えていると思います。
よく聞かれる不安を紹介します。
大腸の中を内視鏡を入れるということは、便はどうなるのか。
という不安です。
もちろん、便は全部出してしまいます。
検査の前に腸管洗浄剤という、いわゆる下剤を約2リットル飲みます。
液体です。
そんなに飲めないよ、それってどんな味なのか、不安がたくさん出てきそうです。
実はかなり飲みやすくなっています。
さわやかなレモン味、というわけにはいきませんが、ポカリスエットのような味という感じでしょうか。
そして問題は2リットルという分量です。
ビールなら大丈夫なのに、という方もいらっしゃいますが、その2リットルという量については一気飲みするわけではありません。
少しずつ飲んでいくのです。


水やお茶でしたら、胃や腸で吸収されるので、なかなか大腸の中をきれいにすることができません。
この腸管洗浄剤というのは、胃や腸で吸収されない成分でできています。
それをたくさん飲むことで、腸管内の便や宿便を体外に排出する効果があるのです。
どうしても飲みにくい。
あるいは、夏場は生ぬるい感じがどうしても無理という方には、病院によっては氷を出してくれるところもあります。
氷で冷やしながら飲むと飲みやすくなると感じる方もいるようです。
なんとなく冷たいと、グイグイ飲めるような気がしませんか?それでもどうしても飲めないという方には、錠剤タイプの下剤もあるようです。
錠剤なら大丈夫でしょうか。
この辺は病院によっても対応が違いますので、事前に確認されると良いでしょう。
あまりナーバスにならずに、一度は試してみるのをオススメします。


次に飲んだその液体と便はどうなるのか。
一度には出てきません。
何度も処置室とトイレを往復することになります。
最初はふつうの便が出てきます。
排便を何度も繰り返すことによって、だんだんと飲んだときの液体がそのまま出てくるようになってきます。
そうなると、大腸の中もきれいになったというサインになります。
最後は看護師さんに確認していただき、オッケーが出るといよいよ検査となるのです。
検査の数日前から、なるべく消化に良く、線維の多い食べ物を控えておく。
暴飲暴食をしない。
便秘は解消しておく。
などの事前の準備もその処置を楽にするコツとなります。
線維の多い食事をすることが便秘の解消になりそうですが、線維の多いものは便を多くすることにもつながります。
ですので、特に前日は便にならないような食事にするのが良いでしょう。

次の記事へ