疑問解決!初めての大腸内視鏡検査

大腸の内視鏡検査には痛みはあるか

TOP > 大腸の内視鏡調査について > 大腸の内視鏡検査には痛みはあるか

大腸の内視鏡検査には痛みはあるか

大腸の中には、たまに腫瘍ができている事もあります。
ポリープなどができているケースもたまにありますが、それが腸内にあるかどうかを自力で判断するのは、少々困難です。
お腹の中の様子を見てみない事には、腫れ物があるかどうかも分かりません。
しかし内視鏡の検査を受けてみれば、お腹の中の様子もよく分かります。
基本的には先端にカメラが付いたチューブを肛門から差し込み、大腸の中を確認する事になります。
ただその検査を受けた事が無い方々は、しばしば不安感を覚えています。
その専用のチューブを腸の中に入れますと、激痛を伴ってしまうのが心配だからです。
チューブが腸の壁などに当たってしまうと、痛みを伴ってしまう可能性もあります。
それが不安なので、検査を受けるべきかどうか迷っている方も多いです。


では実際には痛みを伴うかというと、状況次第です。
腸の状態によっては、確かに痛みを伴う可能性はあります。
例えば、腸が曲がりくねっている時などは、痛みが生じる可能性は否定できません。
人によっては、結腸の周辺が少々複雑に曲がっている事もあります。
その箇所でチューブを上手く曲げるのは難しいので、カメラが腸の壁に当たってしまうケースもあります。
その際に、やや強い痛みを伴ってしまう事例はあります。
逆に、腸が複雑に曲がりくねっていない場合は、特に大きな痛みを伴わない事も多いです。
それと、送り込まれる空気で痛みを伴う可能性はあります。
腸の中は真空に近い状態になっています。
そのままの状態では腸の状況を確認できませんから、空気を注入する訳です。
その注入によって、若干の痛みを伴うケースもあります。


しかし腸の状態が少々複雑でも、痛みを伴わない病院もあります。
というのも内視鏡の検査で痛みを伴うかどうかは、病院の技術にも左右されるからです。
病院によっては、かなり多くの回数の検査を経験している事があります。
経験が豊富な病院には、高度な医療技術があります。
多少は腸の形状が複雑でも、上手く対処してくれる病院もあります。
病院の技術がハイレベルなら、痛みを伴わない事も多いです。
ですから大腸の検査で痛みを伴うかどうかは、病院に左右される一面もあります。
病院によっては、1年間に1000件以上の検査を経験している事もあります。
それぐらい多くの検査を経験していると、特に痛みを伴わない事も多いです。
ですから内視鏡の検査の痛みが心配な時は、病院の実績を確認してみる方法もあります。

次の記事へ