疑問解決!初めての大腸内視鏡検査

安心できる大腸の内視鏡検査ができる所が探せる

大腸の内視鏡検査をこれから希望される方がもっとも気になるのが安全性です。いかに安全に内視鏡検査ができるのかということが、クリニックを選ぶ基準になります。安全に内視鏡検査を行うためには医師の実績があるクリニックを選ぶ必要があります。そこで当サイトでは、数多くあるクリニックの特徴を簡単に比較できるようにしてみました。

当サイトには過去の大腸の内視鏡検査の実績数を比較することができるようになっていますので、簡単に安全なクリニックを探すことができます。過去の実績数を調べるのは意外と大変な作業となりますので、当サイトを利用して頂ければその作業がとても簡略化できます。

さらに当サイトではオススメのクリニックも紹介しています。紹介するのは大腸の内視鏡検査の実績数はもちろんのこと、他にもスタッフの接客対応の良さや交通アクセスの良さなど総合的に判断して素晴らしいクリニックとなっています。

たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

たまプラーザ南口 胃腸内科クリニックでは大腸の内視鏡検査を行っていますが、ここでは経験豊富な内視鏡専門医がその技術と一人ひとりに合った軽い鎮痛剤を組み合わせて行うので「無痛内視鏡検査」が可能になります。

たまプラーザ南口 胃腸内科クリニックでは内視鏡スコープの洗浄、消毒、洗浄履歴管理を重視し、日本消化器内視鏡学会のガイドラインに沿った洗浄と履歴管理を1検査ごとに徹底して行うので、その点でも安心して検査を依頼しやすいと言えます。また洗浄履歴管理はデジタルで行っており、これによっていくつもの履歴を即座に確認することができます。さらに全ての患者さんに感染の可能性があるものとしていて、どの検査でも同じ方法で洗浄、消毒、履歴管理を行うので、それによって感染症予防にプラスになると考えられます。

たまプラーザ南口 胃腸内科クリニックの休診日は水曜と祝日で、日曜日は診療が可能です。また、金曜日は女性専用の内視鏡検査枠で女性の患者だけの空間となり、女性が安心して検査を受けやすいと言えます。

松島クリニック

松島クリニックは大腸疾患専門クリニックで、内視鏡を使用した治療では国内トップクラスの実績があります。それから、こちらのクリニックは内視鏡室や控室、また内視鏡洗浄機などがあります。また人間ドックも行っています。

それから松島クリニックなら、最新型のフルデジタル内視鏡を完備しているほか、マルチスライスCTスキャン、それからCTエコのグラフィーなどがあることで安心して検査や治療を行うことが出来ます。また、高度な技術で安心と信頼の医療を提供してくれます。

また、松島クリニックなら明るいカンファレンスルームや、豊富な医療情報を提供してくれるだけでなく、検査結果に基づく丁寧な説明をおこなってくれるなど、万全のコンサルタントの体制が整っているので安心して治療をすることが出来ます。

めぐみクリニック目黒

近年、日本人に増えているのが大腸がんです。大腸がんの早期の発見には、内視鏡検査が最も効果的だと言われています。めぐみクリニック目黒では、苦痛の少ない大腸内視鏡を心がけています。鎮静剤を使った検査が可能で、細かな疾患まで見逃すことがありません。

大腸にはポリープと呼ばれる隆起した病変があり、内視鏡挿入時に必要に応じて取り除くことが出来ます。ポリープを放置しておくとがん化する恐れもありますし、小さいうちに治療をすることで身体への負担も少なくて済みます。

血便や下痢等、長引く大腸の不調の要因を探れるのが内視鏡検査です。器具の扱いに熟知した専門医がいるので、安心して検査を受けることが出来ます。手術を含めた入院も短期間で済みます。

多根総合病院

がん検診の重要性は分かってはいても、検査に怖さを感じて避けている方は多いのではないでしょうか。とりわけ大腸がんに関しては、検査前の大量の下剤と内視鏡挿入時の不快感が、検査から足を遠ざけてしまう要因でした。二酸化炭素を大腸に送り込みながらカメラを挿入するので、お腹の張りを抑えることが出来ます。

それらを大きく変えてくれたのが、多根総合病院の大腸内視鏡検査です。鎮静剤と鎮痛剤を適切に使用することで、内視鏡挿入時の痛みと不快感を抑えることが出来ます。がんはもちろんですが、小さなポリープも発見が可能になりました。

忙しい患者様に合わせて、検査の日程も工夫されています。平日のみならず土曜日に検査を行うことが出来ます。胃内視鏡との同日検査も可能で、一日で両方の検査を行うことが出来ます。

同好会 春日クリニック

検査をするときは、痛みを気にします。大腸の内視鏡になると、抵抗する人がいますが、同好会 春日クリニックでは、希望によって、鎮痛剤を使って、検査をすることもできるので、身体に負担がかかりませんし、検査時間も短いです。

状況によっては、再検査をすることもありますが、モニターに映し出される画像を見ながら診察をするので、正しい診察が受けられます。ハイビジョンを使用した内視鏡システムを活用して、病理検査を行うので、盲腸まで診察することもできます。

検査の予約をしたら、医師による説明が行われます。検査終了後は、リカバリー室に移動して、休憩します。ポリープを切除したら、食事内容も制限されますが、説明が丁寧なので、分かりやすいです。

武蔵浦和メディカルセンター

大腸内視鏡での検査を行う武蔵浦和メディカルセンターは、埼玉県を代表する内視鏡専門のクリニックです。ここでは世界最高水準の先端キャップを用いた方法で高い技術を持ったプロフェッショナルドクターが検査を行い、さらに軽い鎮静剤を使用するので無痛の検査が可能になります。

武蔵浦和メディカルセンターの大腸内視鏡検査では、全国でほとんどないほどの高いレベルの最新の機器や設備を使用しています。そして全て使い捨て器具や最新の最高レベルの機器洗浄による検査となるので、このようなタイプの検査を受けてみたい場合にも適していると言えます。

武蔵浦和メディカルセンターの大腸内視鏡の検査でポリープが見つかり切除された場合には、その後の食事や水分に関して説明があり、内視鏡検査後の専用食を購入する場合もあります。また、切除が必要なポリープが4個以上あったり大きさが1㎝以上の場合には、入院可能な施設に紹介されることになります。

大腸の内視鏡の設備が整っている医療機関を探そう

様々な大腸の疾患を早期に発見したい場合には、内視鏡検査のための設備が整っている医療機関を探すことが重要です。また、消化器科をはじめとする専門医が揃っている医療機関で内視鏡検査を受けることで、スムーズに身体の内部の異常の有無をチェックすることが可能です。最近では、大腸の内視鏡検査の実績の良い病院やクリニックについて、医療分野の様々な媒体で取り上げられることがあるため、検査の申込をするにあたり、早いうちから各地で評判の良い医療機関の特徴を調べてみると良いでしょう。また、大腸の内視鏡検査の費用は、医療機関によってわずかな違いがあります。そのため、なるべく家計に負担を掛けたくない場合には、各医療機関のホームページなどに日頃から目を通して、良心的な価格で検査を受け付けているところを選びましょう。

大腸の内視鏡検査を受ける際には、少なからず痛みや不快感がありますが、腕の良い医師に対応を任せることで、短時間で必要な検査を終えることができます。また、大腸の内視鏡の検査の流れについては、それぞれの医療機関の方針や医師の考え方などによりますが、なるべく身体に負担を掛けたくない場合には、実際に検査を受けたことのある人の体験談を参考にすると良いでしょう。大腸の内視鏡の精度については、それぞれの医療機関に導入されている機器の性能に大きく左右されます。そこで、検査の申込をする前に、内視鏡検査の際に用いられる機器の特徴をじっくりと把握しておきましょう。なお、大腸の内視鏡検査の必要性について迷っていることがあれば、無料の相談窓口が用意されている医療機関に質問をしてみましょう。

大腸の内視鏡検査は、保険適用外となりますが、レントゲンやMRIなどの方法だけでは判別が難しい疾患を特定できるというメリットがあります。特に、高性能の内視鏡検査の機器が導入されている病院やクリニックを選ぶことで、様々な病気の進行の度合いについてきちんと把握することが可能です。また、大腸の内視鏡検査の設備の良し悪しについては、各地の医療機関の規模の大きさや経営方針などによるため、初めて検査を受ける場合には、じっくりと信頼のできる医療機関を見極めることが肝心です。その他、大腸の内視鏡検査に掛かる時間や、検査後の生活上の注意点についてしっかりと確認したい場合には、担当の医師や看護師などのスタッフに事前にアドバイスを受けられる医療機関にお世話になることが大事です。